ヘルプセンター

SHOWROOM推奨設定を用いてOBSで配信を行う方法

19.04.10
PCで配信を行う場合、SHOWROOMではOBS Studio (本ページでは以降OBSと略します)を使用した配信を推奨しております。
また本ページでは、SHOWROOMが推奨するOBSの設定をファイルで提供しており(本ページでは、以降その設定のファイルを「プロファイル」と記述しています。)、プロファイルを使って配信をする手順を記述しております。

プロファイルをご利用いただくことで、SHOWROOMでの配信の推奨設定がOBSに自動で適用されます。推奨設定だと、映像や音の乱れが発生しにくくなるため、視聴者へ快適な配信をお届けすることができます。是非お試しください。

※ 配信するためには SHOWROOM への会員登録と、配信ルームの開設が必要です。
※ OBSのインストールはこちら

※プロファイルを読み込む前に、以下をご確認ください。
・OBSが最新バージョンであること
・OBSで配信が行われていないこと

※以下の手順はWindows環境でのスクリーンショットとなっています。macOS環境では文言が異なる場合がございます、ご了承ください。

1. SHOWROOM_OBS_preset.zipをダウンロードし解凍してください。SHOWROOM_OBS_presetというフォルダが出来上がります。

2. OBSのメニューの「プロファイル」から「インポート」を選択してください。

3. 先の2の手順で出来上がったSHOWROOM_OBS_presetフォルダを選択し、「フォルダーの選択」を押してください。


4. OBSのメニューの「プロファイル」に「SHOWROOM」というメニューが追加されます。「SHOWROOM」を選択してください。


以降、配信する際に1〜3の手順は不要になります。
OBSのメニューの「プロファイル」を開き、「SHOWROOM」が選択されていることを確認し、以降の手順で配信を開始します。

5. SHOWROOMにログインし、メニューにある「配信する」ボタンを選択してください。


6. 配信ルーム画面が表示されたら、画面左側にある「外部エンコーダ」タブをクリックします。


7. OBSからSHOWROOMにライブ映像を配信するために設定を行います。
OBS画面右下の「設定」ボタンをクリックします。


「設定」のウィンドウが別ウィンドウで表示されます。「配信」メニューを選択し以下に示すように入力してください。


・サーバー:手順6の「外部エンコーダ」タブで表示されている「配信URL」をコピー&ペーストしてください。
・ストリームキー:手順6の「外部エンコーダ」タブで表示されている「ストリームキー」をコピー&ペーストしてください。

これら以外の項目の変更は不要です。

※ 配信URLとストリームキーは配信毎に変わる場合がありますので、「外部エンコーダ」タブで表示されているものを設定してください。

入力が完了したら「設定」のウィンドウの右下の「OK」ボタンをクリックします。


8. 次に配信したいソース(Webカメラ/画像/ウィンドウ)を指定します。
配信したいソースに応じて以下をご確認ください。
・8.1. Webカメラを使って配信する場合
・8.2. 画像を指定し音声のみの配信をする場合
・8.3. 他のアプリケーションのウィンドウキャプチャを配信をする場合

8.1. Webカメラを使って配信する場合
a. 「ソース」内の「+」ボタンをクリックし、「映像キャプチャデバイス」を選択します。


b. 「映像キャプチャデバイス」の名前をわかりやすいものに変更し、OKボタンを押します。(ここでは「Webカメラ」に変更しています)


c. 「デバイス」をお使いの環境に合わせて変更します。(ここでは「USB HD Webcam」を選択しています)


ご利用のWebカメラによっては上記画像にはない項目が表示される場合がありますが、変更せず「OK」ボタンを押してください。
 
8.2. 画像を指定し音声のみの配信をする場合
a. 「ソース」内の「+」ボタンをクリックし、「画像」を選択します。
b. 「画像」の名前をわかりやすいものに変更します。
c. 「参照」ボタンを押してPC内に保存された画像を選択します。
 
8.3. 他のアプリケーションのウィンドウキャプチャを配信をする場合
a. キャプチャするアプリケーションを起動します。
b. 「ソース」内の「+」ボタンをクリックし、「ウィンドウキャプチャ」を選択します。
c. 「ウィンドウキャプチャ」の名前をわかりやすいものに変更します。
d. 表示されるウィンドウの画面中央の選択リストから、aで起動したアプリケーションを選択します。
※ ウィンドウキャプチャが行えないアプリケーションもあります。

9. ソースの指定が完了し映像が表示されたら、画面の右下をドラッグして映像が画面いっぱいに広がるようにします。


10. 「配信開始」ボタンをクリックします。


11. 配信ルーム画面で「ライブ開始」をクリックします。
この時点で「ON LIVE」状態となり、視聴者の方が閲覧・参加できる状態になります。

※ 配信停止の際は必ず以下の手順を確実に行ってください。配信ルーム画面の「ライブ終了」をクリックしただけでは、視聴者の方の環境により配信が流れ続けてしまう場合があります。

◯配信を停止する場合
配信を停止する場合は、以下の手順を行います。
 
1. OBSの「配信終了」ボタンをクリックします。


2. 配信ルーム画面で「ライブ終了」をクリックします。
※この時点で「OFF LIVE」状態となり、視聴者の方が参加できなくなります。